グローバル人材になるために
欧米ではなく、アジア。
それもベトナムという選択

エングループの「ベトナムワークス」がベトナム最大のネットワークを
駆使してあなたのベトナム勤務を完全バックアップします。


登録する

グローバル人材になるために
欧米ではなく、アジア。
それもベトナムという選択

申し込み

ベトナムは海外勤務に慣れやすい環境が整っています

1.海外勤務地の中で比較的「語学力」が問われません/2.親日で「衣食住」が整っています/3.約1,500社の日系企業が進出しています/4.若手も挑戦的な環境です/5.経済成長を肌で実感できます 1.海外勤務地の中で比較的「語学力」が問われません/2.親日で「衣食住」が整っています/3.約1,500社の日系企業が進出しています/4.若手も挑戦的な環境です/5.経済成長を肌で実感できます

ベトナムワークスのサービス

ベトナム最大の人材サービス企業ですので、豊富な求人先があります。

ベトナムワークスは、ベトナム最大の人材サービス企業です。創業13年の実績、登録者数270万人、登録企業数年間1万社と他の人材サービスよりも実績がございますので、豊富な求人先の中からあなたに合った企業を見つけることが可能です。

エン・ジャパンのベトナムでのグループ企業です。

ベトナムワークスは、エン・ジャパンのグループ企業でありますので、サービスの質など、エン・ジャパンのクオリティを引き継いでおります。転職希望者のニーズに細やかに合わせたご提案をさせていただきます

日本人スタッフもベトナムに常駐しているので、アフターフォローも万全です。

ベトナムワークスは、ハノイとホーチミンにオフィスがあり、両方ともに日本人が勤務しております。ベトナム勤務後も現地日本人スタッフがしっかりサポートしますので、安心してベトナムで勤務することが可能です。

豊富なクライアント企業

  • Leopalace21
  • ニトリ
  • green-leaf
  • TECH BASE
  • AMBITION
  • INTEC
  • KYOCERA

ベトナム勤務での給与例

  • 出版業ライター 1,500ドル/月

  • 損害保険業営業 2,000ドル/月

  • 製造業通訳 2,000ドル/月

  • 製造業 工場長 5,000ドル/月+住居手当、食事手当

Webでのお問い合わせはこちら Webでのお問い合わせはこちら

まずは話を聞いてみる

よくあるご質問

  1. Q1ベトナムでも英語や他の言語は必須になりますか?

    必須ではありませんが、英語など話せる言語が多いほうが有利です。

    ベトナムは、他の海外勤務地と比べ、語学力が低くても働くことが可能です。極論、日本語のみでも働くことは可能です。ただし、もちろん英語など他の言語も話せるほうがより多くの職種から仕事を選ぶことができますし、給与にも反映されます。ベトナム勤務になった場合、最初は日本語だけだとしても、他言語を習得していくことをお勧めします。

  2. Q2ベトナム勤務だと一般的にはどれくらいの給与がもらえるのでしょうか?

    ベトナムの日本人の平均的な給与は1500〜2000ドルになります。管理職や特別な技術があれば2500ドル以上も可能です。

    日本とベトナムでの物価差により、日本よりも給与は低くなる傾向があります。ベトナムで勤務する日本人の平均給与は1500〜2000ドルになります。管理職や特別な技術がある場合、2500〜3000ドルが相場で、新卒や言語能力が不十分だと1000〜1500ドルが相場となり、自分自身の能力によって大きく変わる傾向があります。

  3. Q3引っ越しや住む場所など、赴任まではスムーズでしょうか?

    就職先の企業が、ベトナムでスムーズに働けるようバックアップすることが多いです。

    ベトナム勤務は初めての場合が多いので、就職決定先の企業が住む場所や口座開設、携帯電話の購入などをサポートしてくれる場合がほとんどなのでご安心ください。またベトナムワークスもお困りのことがあればご相談に乗りますので、お気軽にお申し付けください。

  4. Q4ベトナムと聞くと発展途上国のイメージがあります。

    高層ビルもたくさん建ち並び、国際都市として発展しています。

    ベトナムと聞くと何もない発展途上国のイメージがあるかもしれませんが、ハノイ、ホーチミン、ダナンなどの都市は高層ビルも建ち並び日本の都市にも引けをとらない国際都市として発展しています。ベトナムに行くとほとんどの方が「こんなに発展していたんだ」と驚かれます。ですので、ベトナムでの勤務は都会で働くようなイメージのほうが正しいです。

ベトナムで働く先輩の声

CROWN LINE JOINT STOCK COMPANY株式会社勤務 佐藤貴史 様

ベトナム人スタッフと仕事を形にしていくことの難しさを感じつつも、彼らと一緒に創り出すことにやりがいを感じています。

私は、シンガポールで働いていましたが、もっと海外市場を知りたい、もっと会社運営に携わる仕事がしたいと思いベトナムに転職しました。シンガポールで様々な国の人と仕事をしていたので仕事面でのギャップはありませんでしたが、やはりベトナムでもスタッフとコミュニケーションをしっかりとって仕事を形にしていくのは試行錯誤の連続ですね。ただ、まだ市場に可能性がたくさんあるので、いろいろなビジネスを考えていきたいですね。

--ベトナムで働く事になったきっかけは??

現地を任されて会社経営を実地で学んでいきたいという思いがあり、シンガポールで働いていた時に志願したのが、他国へ移動したきっかけです。そこで候補にあがったのが、ベトナムでした。
私は4年前シンガポールのメディア会社Crown Line Group COMM Pte Ltdで現地採用され、セールスエクゼクティブとして入社しました。前職ではレストラン経営、小売業、商品販売の業務に携わり、営業職は初めてでしたが、お客様へメディアを使った提案をしていく面白さを感じました。セールスエクゼクティブから営業マネージャーやGeneral managerのようなポジションまで就き、徐々に会社経営や運営といったことに興味がシフトしていきました。
そして、会社経営と自身のキャリアアップ、そしてベトナム市場のビジネスチャンスの可能性を感じたため、当地で働くことを決めました。

--現実と思い浮かべていた像(仕事面において)のギャップは??

ギャップはそれほどありませんでした。シンガポールでも様々な国の人と仕事をする機会もありましたし、仕事内容もシンガポール時代と似ていますので。ですが、ベトナム人の生活や気質、技術や能力レベルを理解すること、ベトナム市場において発展している部分としていない部分の距離感がとても空いていることは、思い浮かべていた以上に大変さを感じました。

--仕事のやりがい、仕事の厳しさは??

ベトナム人スタッフとコミュニケーションを取り、形にしていくことの厳しさを感じつつも、彼ら/彼女らと一緒に創り出すことにやりがいを感じています。あと、「ネットワークの広がりの可能性」も感じることができ、それが私のモチベーションの種になっています。諸外国の企業や人とのつながりが作りやすい点も非常に魅力的ですし、ある一定の地域や繋がりから出るとまた違った楽しさがあり、新しい発見とともにビジネスアイデアが生まれてくる刺激はとても魅力的です。

--ベトナムで成功する秘訣は??

ビジネスチャンスの隙間を見つけ、想像して新しい形を創り出していくことだと思います。同時にベトナム人の志向も偏っているように私は見受けられるため、とにかくニッチなマーケットを攻めるように考えています。
日本やシンガポールなどにあるビジネスモデルがまだ当地にないことも多々あり、そういったモデルを当地に合わせつつも、独自のアイデアでアレンジしていくというのも一つの手かもしれないですね。

--ベトナムで実際生活をしてみてどのような印象をお持ちになりましたか??

想像していた以上に住みやすいと感じています。
出張などで当初ベトナムに来たときはバイクの多さやガタガタな歩道、メイン道路と路地との綺麗さの違いなど気になっていました。
実際当地で生活してみて、低価格でモノが購入でき、食事も非常に安く、インフラ部分も生活上全く問題なく、治安も悪くありません。ベトナム人も非常に親しみやすく、親日国であり、非常に住みやすさと生活のしやすさを感じています。

A社勤務 真境名 拓海様

組織のマネジメントなど、日本だと30~40代じゃないと経験できないことを20代で実践できるので、やりがいをもって仕事をしています。

私は、シンガポールで働いていましたが、もっと海外市場を知りたい、もっと会社運営に携わる仕事がしたいと思いベトナムに転職しました。シンガポールで様々な国の人と仕事をしていたので仕事面でのギャップはありませんでしたが、やはりベトナムでもスタッフとコミュニケーションをしっかりとって仕事を形にしていくのは試行錯誤の連続ですね。ただ、まだ市場に可能性がたくさんあるので、いろいろなビジネスを考えていきたいですね。

--ベトナムで働く事になったきっかけは??

現地を任されて会社経営を実地で学んでいきたいという思いがあり、シンガポールで働いていた時に志願したのが、他国へ移動したきっかけです。そこで候補にあがったのが、ベトナムでした。
私は4年前シンガポールのメディア会社Crown Line Group COMM Pte Ltdで現地採用され、セールスエクゼクティブとして入社しました。前職ではレストラン経営、小売業、商品販売の業務に携わり、営業職は初めてでしたが、お客様へメディアを使った提案をしていく面白さを感じました。セールスエクゼクティブから営業マネージャーやGeneral managerのようなポジションまで就き、徐々に会社経営や運営といったことに興味がシフトしていきました。
そして、会社経営と自身のキャリアアップ、そしてベトナム市場のビジネスチャンスの可能性を感じたため、当地で働くことを決めました。

--現実と思い浮かべていた像(仕事面において)のギャップは??

ギャップはそれほどありませんでした。シンガポールでも様々な国の人と仕事をする機会もありましたし、仕事内容もシンガポール時代と似ていますので。ですが、ベトナム人の生活や気質、技術や能力レベルを理解すること、ベトナム市場において発展している部分としていない部分の距離感がとても空いていることは、思い浮かべていた以上に大変さを感じました。

--仕事のやりがい、仕事の厳しさは??

ベトナム人スタッフとコミュニケーションを取り、形にしていくことの厳しさを感じつつも、彼ら/彼女らと一緒に創り出すことにやりがいを感じています。あと、「ネットワークの広がりの可能性」も感じることができ、それが私のモチベーションの種になっています。諸外国の企業や人とのつながりが作りやすい点も非常に魅力的ですし、ある一定の地域や繋がりから出るとまた違った楽しさがあり、新しい発見とともにビジネスアイデアが生まれてくる刺激はとても魅力的です。

--ベトナムで成功する秘訣は??

ビジネスチャンスの隙間を見つけ、想像して新しい形を創り出していくことだと思います。同時にベトナム人の志向も偏っているように私は見受けられるため、とにかくニッチなマーケットを攻めるように考えています。
日本やシンガポールなどにあるビジネスモデルがまだ当地にないことも多々あり、そういったモデルを当地に合わせつつも、独自のアイデアでアレンジしていくというのも一つの手かもしれないですね。

--ベトナムで実際生活をしてみてどのような印象をお持ちになりましたか??

想像していた以上に住みやすいと感じています。
出張などで当初ベトナムに来たときはバイクの多さやガタガタな歩道、メイン道路と路地との綺麗さの違いなど気になっていました。
実際当地で生活してみて、低価格でモノが購入でき、食事も非常に安く、インフラ部分も生活上全く問題なく、治安も悪くありません。ベトナム人も非常に親しみやすく、親日国であり、非常に住みやすさと生活のしやすさを感じています。

Leopalace21 Vietnam 鈴木紀子様

仕事をしながら、業界、職種、年齢、性別問わずに、様々な価値観を持った人とお話をすることができることに仕事の素晴らしさ、やりがいを感じています

これからの世界の動向を考えると日本だけで仕事が成立しなくなると思い、外国の人と仕事をして経験を積んでいきたいと考え、ベトナムに転職しました。現在は、ベトナムに住む日本人向けに賃貸不動産の営業をしています。やはり海外での仕事はコミュニケーションの難しさを痛感しますが、日本人の先輩やベトナムに住む日本人の方に色々と助けてもらいながら、成長できています。海外で仕事をすることで日本や日本人の良さを再認識する機会にもなりました。

--ベトナムで働く事になったきっかけは??

ベトナムで働きだしたのは、2014年6月。当時は幼稚園の先生として、ベトナムに来ました。
きっかけは、長期休暇を利用して行った海外旅行。これからの世の中を考えると、日本だけでは成り立たず、仕事をする上で海外と関わりあうことが当たり前の世界になると感じました。
日本で幼稚園の先生として働いていた時、教えている子ども達が大人になった際に、海外での生活や外国人の人と関わることは今以上に必要になると考え、自分が知らなければ子どもたちに伝えること、教えることができないと想い、海外転職を決意しました。
当時は、正直海外であればどこでも良いと感じていました。たまたまベトナムで幼稚園の先生の募集があり、そこに応募し内定をもらったためベトナムの就職を決めました。ベトナムに行くことは初めてでしたが、自然と不安はありませんでした。
その後、ベトナムの日系幼稚園の先生として働くことで、日本以上の経験もでき、全力投球をすることができたため、新しい挑戦をしようと転職を決意しました。
ベトナムで子ども達に剣道と書道を現在教えており、先生としての責任をしっかり果たすためにベトナム国内のハノイで転職活動を実施。未経験でも挑戦できる職種という軸でハノイにある日系紹介会社を利用して転職をしました。
そこで紹介してもらったのは、複数社ありましたが、その中でも私が経験したことを少しでも活かせる仕事は「不動産」の仕事だと感じました。なぜなら、幼稚園で働いていた時の人脈を活かし、さらに送り迎えをしていたことから、土地勘を活かせると考えたからです。
そして、現在のLeopalace21に入社することを決意しました。

--現実と思い浮かべていた像(仕事面において)のギャップは??

ベトナムでの働き方に対してギャップはありました。ベトナム人はおおらかなイメージがあり、一緒にワイワイと働きながら、失敗したときなどは励ましてもらうことを想像していました。
しかし、現実はベトナム人とのコミュニケーションや一緒に働くことに難しさを感じ、一緒に働いている日本人、現地で暮らしている日本人に助けられています。
営業をするにあたっては、営業がしやすいと感じています。私は日本人に対して家やオフィスを紹介しており、当初はもっと営業を断られると考えていました。実際に営業をしてみると、日本人だということで話を聞いてくれ、住んでいる人が団結していることが意外でした。改めて、日本人のやさしさを感じました。

--仕事のやりがい、仕事の厳しさは??

仕事をしながら、業界、職種、年齢、性別問わずに、様々な価値観を持った人とお話をすることができることに仕事の素晴らしさ、やりがいを感じています。
日本では出会うことができなかった人と日々お会いして、その方の生き方や考え方、ベトナム人との付き合い方、ビジネスなどについて学びながら仕事をしています。そういった機会があることがベトナムで仕事をする上での魅力だと感じます。
価値観や文化の違いで日本では考えなくても良いことや、ベトナム人スタッフのコミュニケーションに厳しさを感じます。従来通りのやり方、日本での経験は参考にしかなりません。こちらの状況を考え、それに合わせて対応をしていく、改善をしていくことに難しさを感じています。一方で改善したものや価値観や文化の差を乗り越えたときには大きなやりがい、仕事の楽しさにつながっています。

--ベトナムで成功する秘訣は??

私が感じる秘訣は、「否定しないこと」です。
これまで、ベトナムで出会った日本人の中で、早いタイミングで日本に帰る人は、会話の冒頭に「いやいや」と否定から入る人が多いです。人の意見を聞かず、価値観の違いを受け入れられず、ベトナムで働き続けることができないのではないかと思います。
活躍している女性は、多くの日本人やベトナム人と関わり、どんな人でも受け入れている人が多いです。ベトナムでは、日本人のコミュニティがあるため、周囲と共存することが活躍するために必要だと感じています。
一方で、全ての人、ベトナム人を「信用しすぎる」ことも危険だと感じました。私は、人が好きで疑うことをしていませんでした。しかし、文化の違いから自分の期待を裏切られることもあり、そのときは落ち込んだりすることもありました。信用することも大切ですが、100%信用するのではなく、国民性として捉えることが必要だと学びました。

--ベトナムで実際生活をしてみてどのような印象をお持ちになりましたか??

ベトナムで生活して1年以上たちますが、改めて「日本の良さ」を感じるようになりました。
ベトナムの印象が悪いというわけではなく、些細なことですが、例えば舗装されている道路、キレイな空が当たり前の環境など日本を離れてみて改めて日本の良さを実感しました。

また、これまでベトナムと日本の関係を築き上げてきた先人への感謝の気持ちを抱くようになりました。ベトナムは親日国といわれています。ベトナム人に私が日本人だと伝えると喜んでくれたり、日本のこと好きだと言ってくれたりします。
それは、これまでベトナムとの関係を作り上げてきた日本の先人、過去進出してきた企業があったからこそ、今私が恩恵を受けているのだと思います。このようなことにベトナムに来たからこそ気づくことができました。
今後、生活するにあたっても私たちが偉いのではなく、過去の先祖が作り上げてきた関係性を継続していけるように日本人だとおごらず、またベトナムに対しても、この国で私たちが働かせてもらっていることに感謝をしつつ、生活をしていこうと心がけています。

採用までの流れ


下記フォームよりお問い合わせください。


お問い合わせ後、ご相談に乗りながらメールにてあなたに合った求人情報をお送りします。


あなたにマッチする企業が見つかりましたら、エントリーして、選考にお進みください。



内定後、あなたのベトナムでのキャリアが始まります。 内定後、あなたのベトナムでのキャリアが始まります。

1分で送信完了 ご相談はこちらから

お客様情報

言語スキル

【個人情報の取扱いについて】

本フォームからお客様が記入・登録された個人情報は、資料送付・電子メール送信・
電話連絡などの目的で利用・保管し、第三者に開示・提供することはありません。

上記フォームで送信できない場合は、必要項目をご記入の上、
register-jp@vietnamworks.comまでメールをお送りください。